鋳造

古くからチューニング界で語り継がれてきたものの内容として、必ずこれは抑えておかなくてはならないというのが【軽量化】です。
自動車をチューニングする世界の常識として広く普及している考え方となる訳ですが、上記方法に勝るチューニングはなし!と言い切る方が多いぐらいに一般的な認識として定義されております。

 
その中でもホイールについてはもっとも手っ取り早く改善できる事象であり、大別して鍛造製と鋳造製に分かれておりました。
前者は軽量化に成功された制作方法となっており、その内容としては合金を溶かした上で型に入れるところまでとなります。
そして後者は材料として一般的に用いられるアルミ合金を型に溶かして流し込んで大体の型取り、その後に全体を冷やし固めた上で作成されるホイールとなりますので、重量的にはとても重たくなります。

 
ではなぜ上記内容で重量化がなされてないと、チューニングするのに致命的なクレームとなる可能性が高いのです。
これは加速性能やスタートダッシュのみならず、燃費性能についても路面を駆るエネルギーの伝達方法が路面に上手く伝わらなくなるので、著しい燃費の下降に繋がってしまっているのです。

 
以上の事象から、後者を使用した車両は減少傾向となっていったのです。

お金09

Comments are closed.